5分でわかるクックビズ

写真はクックビズ東京オフィスです

なりたち

クックビズは2006年に食の専門学校とのタイアップし、専門学生を対象としたレストランや居酒屋のアルバイト紹介サービスとして誕生しました。その時、代表の藪ノが見据えた未来は、ただただ、「未来のコック、マネージャーである将来有望な彼等に、学業と相乗効果のあるアルバイトを紹介して、飲食業界から早期退職者を1人でも減らす」というものでした。

9年が経過し、主な対象者は正社員(人材紹介サービス)になったものの、現在でもこの想いとビジネスモデルは脈々と受け継がれ、クックビズの成長を支えています。「定着する人材のご紹介」をモットーに、2012年8月からは求人広告サービスに参入。これまで飲食業界を中心に7,000社以上のクライアントと取引を行なってきました。

飲食専門求人サイト「cook+biz」( http://cookbiz.jp/ )を自社で独自に運営。飲食業界/外食産業のみならず、ホテル・ブライダル・中食など幅広い「食」の業界に、求人広告サービスと人材紹介サービスを提供しています。

成長スピード

クックビズは、現在も成長を続けています。2012年、2014年と計約1億円の第三者割当増資を実施。
cook+biz事業では渋谷・五反田・名古屋・大阪に拠点を構え、160名超の体制でサービスを提供しています。

将来的にはIPOも実現し、海外へと成長スピードをさらに高めていきます。今後とも、フードビジネスを通じて、人と組織の成長を支援し、フード産業と社会の発展に貢献していきます。

仲間

代表の藪ノは、理系大学を卒業後、みんなが就職や大学院に行くところ、就職せず起業。そんな藪ノのもとに、大手人材会社や外食産業・フードビジネス経験者、元学生起業家など、個性あふれるメンバーが集まっています。
22歳~53歳まで、平均年齢は34.5歳で、幅広い年齢層のメンバーが活躍しています。ちなみに、代表の藪ノは36歳です。男女比は男性54%、女性46%。

急成長中のクックビズでは、毎月新しいメンバーが入社しています。部署や経験、年齢を問わず、配慮はするけれど遠慮はせずに、お互いの意見を伝え合い、事業拡大・成長を目指しています。今後も、さまざまな個性や価値観をもつメンバーが活躍することで、独自性あふれる企業であり続けたいと考えています。