株式会社ゴリップ:田中大督さん

Q1. ご経歴を教えてください

ゴリップ:田中さん2011年株式会社ゴリップ入社。
前職は、リクルートの代理店で採用領域の営業マン。その経験を活かし、入社時から現場の営業を担当する傍ら、人事・教育も兼務。その後、店長職を経て人事部専任に。現在、人事部部長。新卒、中途、パート・アルバイト採用や教育をメインに、経営に近いポジションでゴリップの未来を具現化している。

Q2. クックビズの印象を教えてください

一言で言うと「ビジネスおたく」
「仕事=人生」という気概に加えて、それをいかに楽しむのか、そしていかに究めていくのか。
藪ノ社長だけでなく、接する社員さん全員からその気概を感じます。もっとシンプルに表現すると、ワイワイしていて楽しそうです。
もちろん、外から見えないところでガン詰めされてる営業さんがいるのかもしれませんが・・・(笑)。
とはいえ、学校のような“ワイワイ”ではなく、ビジネスとしての“ワイワイ”。もっというとおたく特有の“ワイワイ”。そんな印象です。

Q3. クックビズの将来性について

以前から感じていたことですが、Web領域にリソースを投下されていることに、可能性を感じています。
インターネットの進化、スマホへのシフトなどから、「人が職を探す」行為そのものが、今後急激な変化をしていくように思います。
人材業界といえば、泥臭い営業のイメージで、人的リソースのほとんどを営業に費やす企業が多い中で、
技術系やマーケティングなどに力を入れてらっしゃることが
今後の人材マッチングビジネスに革命を起こされるのではないかという期待を持っています。

Q4. これから外食産業に関わるお仕事に就く方へのメッセージ

「食」は衣食住の一つで、人間が生きていく上で切っても切れないとても重要な産業だと思います。
また、様々な技術の進歩、人口の減少、少子高齢化などから、今後大きな“変化”が起こる業界でもあるでしょう。
昨今言われている「人手不足」も、「飲食店に本当に人が必要なのか?」
極論かもしれないですが、そんなゼロベース思考が求められると思います。
その“変化”をネガティブに受け取るのではなく、楽しむ姿勢やワクワク感を持つことができる人が活躍できるのではないか
と個人的には考えています。
是非、“変化”を楽しみましょう!

Q5.座右の銘を教えてください

「暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう」

子どもの頃、休みの日に朝早く目が覚めてテレビをつけると、このキャッチフレーズが流れてきたんですよね。
今調べてみると、カトリック系の布教番組だったみたいなんですけど、大人になった今もずっと頭に残っている言葉です。
つい評論家になりやすい自分への自戒の意味も込めて気をつけているのと、
ネガティブなことをただ言っていても仕方なく、行動すれば何かが変わるのではないか、そんな意味も含めて大事にしています。

 

株式会社ゴリップ:田中大督さん

会社名:株式会社ゴリップ
http://www.golip-holdings.com/
所在地:京都市下京区中堂寺坊城町28-5革命ビル
TEL/FAX 075-813-5251 / 075-813-5261

2005年、サムギョプサル専門店「ベジテジや」の第一号店をオープン。その後順調に店舗展開し、2014年には熟成肉のステーキ専門店「Gottie’sBEEF(ゴッチーズビーフ)」を、同年12月にはレア牛カツの店「京都勝牛(きょうとかつぎゅう)」を京都駅前に、2015年3月には先斗町に2店舗目もオープンした。
「世の中に大きなインパクトを!」という理念のもと、京都・大阪を中心に全国に26店舗を展開している飲食ベンチャー企業。